発展している世界経済

近年では、世界的にグローバル化が進んでいます。そのため、多くの企業が「貿易」に注目していて、貿易関連の仕事も増えているのです。貿易関連の仕事にも様々な業種があり、それぞれの特徴があります。

貿易の仕事について知ろう

男の人

貿易事務

貿易の仕事でも有名なのが、貿易事務です。仕事内容は主に英文書類の作成や運送便の手配など輸出入の仕事がメインです。また、会社によっては関税や消費税の納付も行なわないといけないので、専門性の高い仕事と言えます。リバティでは、貿易事務が得に人気の職種で多くの利用者から求人を選ばれています。

海外営業

海外営業では、自社製品を海外の企業にアピールして、販売促進を行なう営業職です。海外営業では、色んな国の人とコミュニケーションを取るため、語学力が必要です。海外営業では、日本を拠点として出張して働くこともあれば、海外赴任で現地で働くこともあります。

バイヤー

貿易の中でも、特殊な仕事がバイヤーです。バイヤーは直接、海外に行って気に入った商品の購入ルートを確保します。日本国内だけでなく、海外の生産現場や展示会に行くことも仕事のうちで、商品の目利きスキルがとても重要な職種です。

通関士

通関士は知識や資格を持っていないと働くのが、難しい仕事です。仕事としては、主に物資の輸出、輸入するときの税関手続きを代行する仕事になります。また、通関業務は国によって大きく異なるため、その国の税関について、詳しく知っておく必要があります。

税関職員

税関職員は全国の空港や港などで、税金の徴収や通関手続きを行なう仕事です。税関職員の仕事は通関士と似ていると感じるかもしれませんが、この二つは異なる職種なので覚えておきましょう。税関職員の場合は、薬物の密輸を取り締まったり、旅客の荷物を検査する仕事もあります。

広告募集中